化粧品の保管方法

 

【オールインワンゲルの正しい使用方法とは?】

薬事法で定められている化粧品の取り扱い期限は基本的に3年以内とされていますが、これはあくまでも未開封の場合に限り、どんな医薬品でも医薬部外品に相当する薬用化粧品でも、化粧品でも開封した瞬間から酸化による品質の劣化が始まると考えておきましょう。

特にオールインワンゲルは正しい保管方法や使用方法を守っていないと、劣化のスピードが速くなり、最後まで使いきれなくてもったいない思いをしたり、思わぬ肌荒れになったりすることもあるので、開封した大体の日にちと使い切る目安に気をつけましょう。

 

ここでは、オールインワンゲルの使用期限や保存方法について説明します。

 

【オールインワンゲルは約3ヵ月で使いきるのが理想】

 保存料が皮膚に与える影響から、無添加のものが増えているので、基本的にオールインワンゲルは生ものであると思っておきましょう。

開封後は3ヵ月程度で使い切るのが理想的です。

3ヵ月近く使っていても、あまりにも残りがあって捨てるには残念な場合は、全身のケアに使って早めに使い切るようにします。顔だけでは消費する量も少なく、朝晩のどちらかで使うだけだとなかなか減らないですよね。

そんな時には通常の3倍ほど厚く塗ってそのまま入浴すれば、スチームパックのような効果が得られるので、早く使い切りたい時のスペシャルケアにおすすめです。

 

【保管場所と使い方】

オールインワンゲルは劣化しやすいので、高温多湿な場所を避けて保管するようにしましょう。

直射日光の当たるような場所に保管しておくと、成分の変化や品質の劣化、雑菌の繁殖などの問題が起きやすくなります。

化粧品を置いてある場所が夏場にかなり高温になる環境だとわかっている場合は、冷蔵庫に入れておいた方が良い場合もあります。その場合も3ヵ月程度で使いきるようにしましょう。

 

使用する際には、直接手でゲルに触れることを避け、取り出す際にもスパチュラなど専用のスプーンを使うようにします。そうすることで、手に付着している雑菌が入るのを防ぐことに繋がります。

雑菌はタンパク質が大好物なので、ゲル状の化粧品は恰好の住み家となりやすいのです。

また開封後は酸化しないようにきっちりと蓋を閉めておき、取り出し口の周りの汚れは綺麗に拭き取っておきましょう。

 

【使用期限の目安が切れたオールインワンゲルを使うと・・・】

以前は化粧品の保存料に防腐剤として使われていた「パラベン」などの成分が、お肌にかなり負担がかかるとわかり、「フェノキシエタノール」などの防腐剤に変化している背景があります。

しかし最近では、これらの防腐剤を一切使用しないことで、お肌への負担を最大限に減らそうとする化粧品の開発が主流となりつつあります。

これは肌にとってはとても良いことなのですが、保管の面から見るとかなりデリケートになってきているということがわかります。

このように防腐剤を一切使用していないオールインワンゲルについては、1ヵ月で使い切るのが理想です。万が一、使用期限がかなり切れたものを使うと、肌荒れの原因になることもありますので、いつ購入したかわからず開封済みのものは処分した方が良いでしょう。

 

化粧品の使用期限は、食品の賞味期限と同じように人それぞれ反応に出るかどうかは個人差があります。しかし、お腹を壊してから賞味期限に気づくのでは遅いように、肌が荒れてから使用期限を見直していてはせっかくのスキンケアも台無しです。

 

これを機に、オールインワンゲルの使用期限や保管方法、使用方法や成分の違いなどをよく知り、効果・効能を選ぶとともに、どのくらいの量をどのくらいの期間に使い切れるかよく考えて購入するようにしたいですね。