オールインワンゲルのお手入れはとても簡単でいいけれど、メイクのムラが気になるという方も。乾燥が気になる日中のオフィスや、お出かけ先などのメイク崩れはとても気になりますね。では、オールインワンゲルでお手入れした後のメイクを長持ちさせるためにはどうしたらいいのでしょうか。

とても便利なオールインワンゲルのお手入れ、そのメイクのムラや化粧崩れを防ぐ対処法をご紹介していきます。

メイクアップ

 

1.メイクのムラはオールインワンゲルのつけ過ぎと塗ってすぐのメイクが原因

オールインワンゲルは一つですべてのスキンケアの機能を備えています。化粧水、乳液、クリーム、その全ての機能をひとつでまかなっているのです。特に注意したいのは、水分。水分を通して浸透していくようにつくられているので、オールインワンゲルを必要以上につけたり、すぐにメイクすると、メイクにムラができてしまいます。

オールインワンゲルを使用しない通常のスキンケアでは、最後に水分の少ない油分を補うタイプのクリームで整えます。オールインワンゲルも必要な油分を補いますが、全てを備えた全体の量で調整するので、オールインワンゲルをつけすぎてしまったり、すぐにメイクをするとなじみにくい場合があるのです。

 

2.肌の調子が悪いときはオールインワンゲルパックでメイク崩れが改善

メイクのムラはオールインワンゲルの使い方が原因のこともありますが、肌の調子が悪いことも大いに考えられます。そんな時にオールインワンゲルのお手入れなら簡単です。オールインワンゲルをちょっと多めに顔全体にぬり、バスタイムにオールインワンゲルでパックをしましょう。翌朝は肌の調子がふっくらとしているはず。そしていつも通りにオールインワンゲルを塗ったあと、すぐにメイクをせずに、化粧下地などを軽く塗ります。そしてメイクをすれば、その日のメイク崩れはだいぶ解消されることでしょう。

 

3.オールインワンゲルにプラスしてメイク下地や美容液を使用してみる

オールインワンゲルと違いメイクに使用されるファンデーションは油分が多く、スキンケアとの相性でメイクの仕上がりも変わってきます。ですのでオールインワンゲルでメイクを長持ちさせたい場合は、化粧下地や美容液を工夫するとよりオールインワンゲルのメイクが楽になります。

その際のコツとして、まずオールインワンゲルと同じラインナップのファンデーションを使用するのもよい選択です。

またそのファンデーションに化粧下地があれば、それも同時に活用すると良いでしょう。オールインワンゲルをつけて肌の状態が悪いときでも、メイクのおたすけアイテムとして活用できるのが化粧下地です。

また部分的にメイク崩れが気になる場合は、オールインワンゲルの後、その部分に美容液をプラスするのも良い方法です。その場合もファンデーションのつけ過ぎには注意しましょう。つけすぎるとかえってメイクのムラが目立つ場合があります。
本来、オールインワンゲルを使用した後のメイクは、慣れればとても快適です。なぜならオールインワンゲルの機能そのものがとてもシンプルだからです。
必要以上に肌に負担をかけることなく、基本的なスキンケアも一度で済むので、それさえ怠らなければ、メイクもとても楽になるのです。

まずはオールインワンゲルをつけたあと、ゆっくりと水分を肌になじませる感覚を忘れないでください。そしてメイクをはじめます。ファンデーションなどを徐々に肌にのせていきましょう。

その時の状況や体調などで肌の状態はとてもセンシティブですから、肌の調子にあわせて化粧下地を使うなどして、オールインワンゲルを賢く活用してメイクを楽しみましょう。