オールインワンゲルは、美容液、乳液、クリーム、化粧水などいろいろな機能が一つになっているので、何個も化粧品を使うお金やスキンケアの時間を節約するうえでおすすめです。しかもオールインワンゲルはどんどん品質も良くなっているので、選ぶのが楽しくなってしまいます。

もし、「オールインワンゲルは何もしないよりはまし」という程度に思っているのなら、ぜひこちらで紹介するような使い方を参考にしてみてください。毎日使うものだからこそ、その効果を最大限引き出さないと損というものではありませんか?

オールインワンゲルの効果を最大限に出したい

 

1.メイクを落としてからいつも使う量より少し多めに塗ってパックとして使う

お出かけ前のメイク下地や夜寝る前のスキンケア、それ以外にも気になった時に気軽に使えるのがオールインワンゲルの良いところです。割と量も多く入っているので時にはオールインワンゲルでパックをしてみましょう。

オールインワンゲルには一般的なジェルタイプのほかに、さっぱり使えるローションタイプとより保湿に力を入れたクリームタイプもありますが、オールインワンゲルでパックを作るならジェルタイプやクリームタイプがおすすめです。

ローションタイプはさらさらしているのでしみこませるコットンなどを使うとパックできます。メイクで疲れた肌にパックをすればいつもよりハリや潤いを感じることができるでしょう。パックの時間はおおよそ10分ほど、頻度は週に2~3回程度行えばOKです。もし、目元など気になる部分がある場合はそこだけパックをするのも効果的です。基本的には顔全体のパックと同じくいつもより多めのオールインワンゲルを使います。

 

2.お風呂から出てすぐに塗ると保湿効果が高まる

次に、オールインワンゲルを使うタイミングについてです。スキンケアの目的はうるおい成分や美容成分を肌に与えるだけでなく、肌の水分を逃さないためでもあります。よってオールインワンゲルの効果を引き出したいならお風呂上りに塗ります。

私たちの肌は、皮脂に守られているのですがお風呂に入ると、一時的に皮脂が足りない状態になります。そのため、すぐに肌が乾燥していってしまうのです。水分のある肌と乾燥してしまった肌に塗るのとではやはり効果が違います。

ちなみに、入浴後のオールインワンゲルがおすすめなのは血行が良くなっていることも理由です。そのため、先ほど紹介したオールインワンゲルのパックを入浴中に行えばその美容成分と蒸気の力で肌を潤わせてくれます。

 

3.他の化粧品にプラスして使うのも良い

オールインワンゲルはほかの化粧品と併用することもOKです。基本的な部分はオールインワンゲルでカバーしてそのほかに気になる成分や商品がある場合はそれをプラスする形が望ましいでしょう。オールインワンゲルは数種類の化粧品の役割を果たすので、複数のものを使うときは最後かそれに近い段階で塗ることがおすすめです。また、メイクをする際にも化粧下地としてオールインワンゲルは役立ちます。オールインワンゲルを化粧下地にすることで適度に肌が潤い、メイクの乗りが良くなります。

オールインワンゲルをほかの化粧品と併用するときに気をつけたいポイントは、「一つ一つのステップが終わったら時間を置く」ことです。スキンケア用品は塗ったらすぐに肌にしみこむわけではないため、あれもこれもと一気に塗ると肌に残ったものがダマになってしまいます。あと、早くしみこませようとこすりすぎるのも控えましょう。

もし、この記事を読んで「こんな使い方もあったの?」と思ったら今日からでも実践してみましょう。オールインワンゲルのパックにしても特別に用意するものはありません。また、オールインワンゲルを顔だけでなく手や体に塗るのも一つのライフハックと言えます。