スペシャルケア

 

【急にボディークリームが足りなくなったら…】

あると思っていたのにボディクリームのストックがない!

旅先でボディクリームが足りなくなった!膝や肘の保湿にオールインワンゲルは使える?

最近めっきりデコルテラインが気になる・・・オールインワンゲルを首のケアに使っても大丈夫?

急に必要になったり、何でケアするべきか迷う箇所があったり、スキンケアは毎日のことなのでその分困ることや悩むことも多いですよね。

 

【オールインワンゲルは全身に使っても大丈夫です!】

全身の中で、一番繊細な皮膚は顔の表面です。

その皮膚に使えるほど低刺激な化粧品であれば、全身のほぼ全てに使うことができるということになります。

しかも、その成分には化粧水・乳液・美容液・パックなどの役割を担ってくれるものが含まれているので、ボディクリームより高い保湿効果を期待することができます。

特にケアを忘れがちな首や鎖骨のデコルテラインは年齢が出やすいところと言われていますよね。顔のケアをした流れで、余ったゲルを使ってそのままデコルテラインのリンパをマッサージするだけでも、その日から違いを実感できるほどです。

 

他にも、頑固な乾燥に悩まされる踵の角質層のケアにも取り入れることで、オールインワンゲルなら長く留まってくれるから、ボディクリーム以上の保湿力でしっとり感が長続きします。

お風呂上りに膝や肘、踵のスペシャルケアにオールインワンゲルを取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

【顔以外の部分の保湿やニキビ予防にも効果あり】

薬用有効成分を含む医薬部外品オールインワンゲルの中には、ニキビを鎮静化が期待できるものもあります。

実は背中や二の腕のプツプツニキビも、その毛穴トラブルのメカニズムは顔の肌表面で起こっているトラブルと同じ質のものであることが多いです。そのため、顔のニキビケア用に使っているオールインワンゲルが、顔以外のニキビケアにも効果を期待できます。

強い医薬品でニキビケアをするのに抵抗を感じる方は、顔に使うオールインワンゲルを背中や腕などのケアに取り入れるという選択肢もありますね。

今年は特に、肩や背中を出すファッションが、真夏にも引き続き大流行する兆しがあるので、ニキビや乾燥のトラブルは早めに対処しておきたいものです。

 

稀にオールインワンゲルの中に美容オイルを配合しているものがあります。

保湿・浸透力はかなり期待できますが、べたつくという意味においては顔以外に使用することで洋服に付いたり部屋や床の汚れになったりすることもあります。成分と使用感を理解した上で全身にも使えるか判断することも大切です。

 

【オールインワンゲルのコストパフォーマンスは?】

オールインワンゲルを全身に使うことは問題ありませんが、コストパフォーマンスの上では抜群とは言い切れません。

朝晩毎日パール2粒分~500円玉相当の量を使用して1ヵ月もつぐらいの分量のオールインワンゲルを、毎日全身に使っていたら2週間ほどで終わってしまうはずです。

値段の面では、化粧品・乳液・美容液・美容オイル・パックなどを一つ一つ揃えるよりはオールインワンゲル一つにまとめた方がお値打ちではありますが、それでも1つ5000円~10000円程が相場のゲルを全身に使うのはとても贅沢なケアだと言えるでしょう。

 

コストとケアの面から考えると。週に1回程度お風呂上がりの角質が柔らかくなっている時に、オールインワンゲルゲルでスペシャルケアをするのがおすすめです。ワンステップで全ての工程をクリアできるので時短にもなりますし、普通のボディクリームでは難しいパックをすることもオールインワンゲルなら可能ですので、気になる部分に厚めに塗って顔以外の箇所にもラップパックをしてみてはいかがでしょうか。