お肌のシミは女性の最大の悩み。オールインワンゲルだけでシミが消せたらいいのにと思う方も多いはず。

はっきりいってオールインワンゲルのお手入れだけで、シミを防いていくことはできます。そして何よりも一度で済んでしまうシンプルなケアのオールインワンゲルなら肌への負担も少ないのです。

今回はオールインワンゲルで肌への負担を減らして、特にシミに必要な美容成分を補うための賢いオールインワンゲルの使い方についてご紹介します。

美容成分を補う

 

1.シミ予防の美白化粧品は添加物や刺激を与えるものが含まれていることも

シミ予防に効きそうな美白化粧品は肌を白くする、つまり漂白剤のような成分を含んでいることもあり、中には付けた瞬間ピりっとするような刺激を与えるものが多いことがいえます。すべてがそうではありませんが、着色料や添加物などで一時的にシミを消すというような成分がふくまれている美白化粧品もあるのです。

オールインワンゲルのシミ対策としては、トータルスキンケアの成分中に美白効果をもつ成分が含まれているため、一時的に効果を発揮するような刺激的で強い成分というよりは、シミに徐々に働きかけて内側から改善していく、お肌のための美容成分でもあるのです。

そしてオールインワンゲルの場合は、働きかけたい部分だけのみならず、肌のスキンケアをトータルで考えることからシミ対策の成分にこだわったものが非常に多いのです。

 

2.シミに働きかける成分を選んだオールインワンゲルを

厚生労働省が定めた、シミに働きかけるといわれている成分があります。その中でも有名なのがプラセンタエキスやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体、エラグ酸などです。

まずはそれらの成分がオールインワンゲルに入っているかチェックしてみましょう。特にビタミンC誘導体は、シミに直接働きかけると言われています。また日差しの強い季節の紫外線でできてしまった頑固なシミ対策も、オールインワンゲルならシンプルケアで簡単です。面倒な紫外線対策もシミ対策を考えたオールインワンゲルなら一度ですむので、ストレスなくできそうですね。

 

3.シミのタイプと肌年齢を考えたシミ対策を

一口にシミと言ってもいろいろあり、シミの種類は6種類以上とも言われています。大まかにいうと、そばかすのようなシミからニキビや吹き出物が跡になってしみになってしまったもの、そして老化による茶色いシミ、また女性特有の妊娠や更年期などによってできる大きな茶色いシミなど様々です。

その中でも、老化によるシミは長年による日焼け、つまり紫外線が原因。なので今からでも紫外線に注意しておくことは、シミ対策として最も肝心なのです。シミの種類のほとんどは、厚生労働省が上げたシミに効く美容成分をより含んだものを使用すれば、徐々にお肌に効いて効果を発揮していきます。
ですが肌年齢のタイプによって、保湿効果を高めてからでないと、シミに対する作用が効かない場合もあるので、まずは自分の肌年齢を知ることも重要です。

特に気を付けたいのは、お肌の水分が失われて乾燥していると紫外線の影響をうけやすくなります。その点でもオールインワンゲルでシミ対策をすれば、ゲルの水分を与え保湿効果を高めるので、簡単に負担なくシミ対策ができるのです。

女性にとってお肌にできてしまったシミはほんのちょっとでも気になるもの。それでも毎日のお手入れで肌に負担のないようにシミ対策したいと思うのが女性の願いです。

オールインワンゲルはトータルでスキンケアをまかない、その中でシミ対策に効くような成分を備えているので、肌への思いやりを考えたスキンケアであるともいえるのです。シミに効く成分を含んだオールインワンゲルは、諦めていた美白へのケアが自然に長続きできます。すぐにトライしましょう。