毎日のスキンケアを手軽にしてくれるものといえばオールインワンゲルですよね。通常の化粧品だと化粧水や乳液、クリームなどいくつものステップが必要ですが、オールインワンゲルを使えばスキンケアをワンステップで終わらせることも可能です。

こんなに便利なオールインワンゲルですがもし、「日焼け止め」の成分まで入っていたらもっと嬉しいですよね。実は、そんな商品も売っているのです。

そこで、今回は日焼け止め効果のあるオールインワンゲルとその使い方について紹介します。

日焼け止めスキンケア

 

1.オールインワンゲルの目的は素肌のスキンケアが基本です

オールインワンゲルは忙しいあなたを助けてくれるスキンケアグッズですが、いざ日焼け止め入りのものを探してみてもなかなか見つからないかもしれません。その理由は、オールインワンゲルが素肌のスキンケアのために使われているからです。逆に言えば、日焼け止めのために使われている成分はスキンケアにとって良くないということになりますが、その理由はどうしてでしょうか?

 

2.日焼け止め入りが少ないのは、みんなが気軽に使いたいから

日焼け止め効果のあるオールインワンゲルについて知るには、まず日焼け止めについての理解が必要です。こちらでは日焼け止めの効果と副作用について紹介します。

まず、日焼け止めの目的は肌にダメージを与える紫外線を防ぐことです。紫外線には肌荒れを引き起こすUVAと肌にメラニンを作ってしまうUVBがあり、紫外線は曇りの日や冬の日にも私たちに降り注いでいます。

次に日焼け止めの成分は紫外線を吸収することで肌に通さない紫外線吸収剤と、紫外線を反射してくれる紫外線散乱剤に大別されます。紫外線吸収剤として使われているのは石油などを原料とした化学物質(メトキシケイヒ酸オクチルやメトキシケイヒ酸エチルヘキシルなど)です。

紫外線吸収剤は肌に強い刺激を与えてしまうことや肌を酸化させてしまうリスクがあり、敏感肌やアトピーの人が強い日焼け止めを避ける理由もこれです。紫外線散乱剤としては細かい金属が使われています。肌への影響は紫外線吸収剤ほど強くありませんが人によっては肌荒れの原因となりかねません。

このように、日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれるうれしいアイテムですが、多用しすぎるとかえってお肌にダメージを与えてしまいますし、ほかのスキンケア用品より気をつけて使う必要があるのです。日焼け止め効果のあるオールインワンゲルが少ないのもオールインワンゲルを気軽に塗れるようにというニーズに合わせているからなのです。

 

3.日焼け止めの入っているオールインワンゲルは昼間に使おう

ただし、コスメショップやドラッグストアに行けばたくさんの日焼け止めが売られているのですから、その代わりに日焼け止め効果のあるオールインワンゲルを使うことには何ら問題はありません。つまり、日焼け止め効果のあるオールインワンゲルは「日焼け止めと同じように使えば良い」のです。具体的には太陽の出ている日中に使います。

もちろん通常のオールインワンゲルと同じく化粧下地としての効果も発揮してくれるのでかなり便利です。そのかわり、夜は日焼け止め成分の影響を考えて普通のオールインワンゲルを使うようにしましょう。

まとめると日焼け止め効果のあるオールインワンゲルを使うときは、「昼用と夜用のふたつのオールインワンゲルを使い分ける」と良いわけです。その上で肌に合うものを選ぶとなおよいです。

このように、日焼け止め効果のあるオールインワンゲルはちゃんと使い方を守れば化粧下地にもなる日焼け止めとして使うことが可能です。意外とめんどくさい日焼け止めを塗る作業もこのようなオールインワンゲルで楽しちゃいましょう。